So-net無料ブログ作成

新しいロッド、リールを買おうかと、、 [釣り]

今年は雨が多いですね。
私はほぼ川釣りなので、雨が降ると水位は上がり、濁りは入り、
本当に釣りにくくなります。。

前回エントリーの通り、500円玉貯金が貯まったので、
新しいロッドとリールの購入を検討しています。
今更ながらベイトフィネス仕様で考えていまして、
久々にメガバスのホームページを見たら、メチャクチャ安い竿が載っていて驚きました。


メガバス HYUGA 64L
2万円を切る価格なのです。
以前の感覚でF2-66Xは今どんなシリーズで売っているのかななんて思ってみたら、
消滅していました。。

このHYUGAシリーズは三菱レイヨンのパイロフィルという素材を使っているそうで、
素材メーカーで量産できるものだから、この価格で出来たのでしょうが、
他のロッドもこの素材で良いんじゃないの??と思わずにはいられません。
ロッドはこれで良いかなと言う感じです(笑)

で問題はリールです。
ベイトフィネスでも、リールはシマノ派は譲れず、
アルデバランBFS XGが値段的に低めなのですが、低めでも実売価格で32000円もする。


むむむ、5万円以下で収めたかったのに。
しかも、考えてみると(みなくても)一年かけてためた500円玉貯金が減ってしまう(笑)
ということで、背中を押してもらえるような出来事を待っている感じです。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体重が4~5kgのバスをバター焼きで食べた [釣り]

少し前の日経産業新聞(7/21)に書かれていたので、
読まれた方もいるかと思いますが、恐らく1960年前後の芦ノ湖での話です。

赤星鉄馬氏がバスを芦ノ湖に放流した1925年から、30年以上も経過しており、
相当大きく育ったバスが居たことは想像に難くありません。

しかし、50upすら釣ったことの無い私からすると、どんだけでかいのか?
と想像つきませんし、ウソだろと思う人もいるかも知れません。

でも、この記事はキンダイマグロの生みの親である
近畿大学水産研究所所長の宮下盛先生の話だとしたら、
今更オーバーなことは言うわけない感じですよね。

宮下先生は芦ノ湖畔で育ち、子どもの頃はバス釣りが趣味だったそうなんです。
で、体重が4~5kgのバスをバター焼きで食べたと。

ちょこっと調べたところでは、芦ノ湖のバスのレコードは60cm、4,725gとか。

宮下先生が、ルアーで釣ったのかは分かりませんが、
レコードサイズ的なバスを釣って、食べていたとは。。
恐れ入る話です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バス釣りが趣味ですと言うと、、、 [釣り]

私はFacebookに登録していて、時折、近況をアップしています。
釣りに行った時は、魚だけでなく、きれいな川やお花畑なんかも。

で、この間、いつものように釣れたスモールの写真をアップしたところ、
「しっかり食べましょう」
「外来種は放さず食いましょう」
とのコメントが。。
Facebookだけに、もちろんお友達(なんていうことが失礼なくらいな人生の先輩)からです。
今までもアップしていましたが、初めてそのようなコメントを寄せられ、
それなりにショックでした。
「ずっと、そう思っていたんだろうな」って。

また、先日、渋谷の老舗台湾料理店で飲んでいたところ、
相席になった方々と意気投合して、いろんなお話をしました。
趣味の話になり、「私は釣りです。」と言うと、
そのお二人(男女)も「釣りやる!」とのことで、一人は船のシロギス、もう一人は渓流で岩魚を釣ると。
で、私は
「バス釣りです」と言うと、二人とも
「えーっ、ダメだよ、バスは~」と(汗)

それぞれ理由は違っていて、
「魚の引きを味わうだけなんて、ただの虐待じゃないか」
「在来種へのダメージを考えろ」
という感じでした。

初対面で、お二人とも一回り年上かつ、相当にお育ちの良い方々だったので、
それ以上、突っ込まれもせず、
仕事や子ども、日本各地の名物の話で盛り上がったのですが、
バスに対する、他魚種の釣り人の思いが身に沁みました。

だからと言って、バス釣りを止めるわけではないのですが、
一部マスコミや、何らかの利権がある人達以外にも、
バス=害魚という認識が、これほど浸透しているとは思いもよりませんでした。

古いデータですがバス釣りの市場規模は1000億円とも言われ、
経済にも少なからず貢献している面はあると思いますし、
地域振興策の一環としてとらえている商工会もあると聞きます。
また、環境美化としてゴミ拾い等をされてるバサーもいます(私もしてます)。

が、現状ではバサーの主張、行動は無視され、茨城、千葉もリリ禁になりかねないのではと、
本気で心配する、今日この頃でした。

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。